令和5年・雪ヶ谷八幡神社年越大祓祭大祓

雪ヶ谷八幡神社(大祓祭)

令和5年(2023年)12月30日(金)午後4時より,雪ヶ谷八幡神社にて大祓神事(年越大祓祭)が執り行われます。

目次

大祓とは

大祓とは日頃の生活の中で,知らぬ間に接し生じた心身の罪や穢れを「形代」に移しこれを祓う神事で,清浄で明るい生活が営めるように願いをこめて6月と12月に行われます。12月の大祓は古来より「年越の祓」と呼ばれ,雪ヶ谷八幡神社では12月30日に執り行われています。

「祓い」の習俗の起源は古く『イザナギの尊がアハギ原で禊ぎを祓った』という神話にも現れ,「年越大祓」は新たな年を迎えるために心身を清めるお祓いです。

形代の仕方

人形代

袋から1人1枚ずつ「人形代」を取り出し,以下の手順で心身の罪穢を移します。

  1. 氏名・生年月日を記入します。
  2. 身体を撫でます。
  3. 息を三度吹きかけます。

罪穢を移し終えたら再び袋に収め,雪ヶ谷八幡神社に納めてください。

車形代

同様に袋から「車形代」を取り出し,車名・登録番号を記入して,車を撫でてください。

初穂料

  • 人形代初穂料(1袋1世帯):1,000円
  • 車形代初穂料(1車両):1,000円

大祓神事

年越大祓祭

令和5年12月30日(金)16時祭典

  • 本殿祭典は役員のみとなります。

雪ヶ谷八幡神社

  • 大田区東雪谷二丁目25番1号
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1969年,東京生まれ。ライター。写真家。美術家。masART STUDIO主宰。東京の郊外を拠点に活動。Webメディアで執筆の傍ら,人工構造物をモチーフとしたフォトモンタージュ作品を制作する。目標は,ダイエットと,ITリテラシーを高めること。

目次